宅配ボックスの設置の仕方

宅配ボックスの特徴と設置方法

>

配達の負担を減らし、トラブルを回避するためには

宅配ボックス助成金制度

宅配ボックス助成金制度とは、設置費用の半額を助成する制度の事です。
企業が対象となっているので、一般家庭への制度ではありません。

駅であったりスーパーや公共の施設への設置への助成ということになります。

ロッカーなどを使用して荷物の受け取り場所の拡大を目指しています。
そうする事で不在配達の回数を減らし、宅配業者の負担を軽減する目的があるのです。
荷物の受け取り場所が自宅だけでなく、選べる場所が増えるのであれば私たちにとっても非常に便利です。
個人情報保護の観点からも自宅以外への配送は注目されています。
配送する側にも便利な制度となるでしょう。

こういった取り組みからも宅配ボックスが今後もっと普及していくだろうことが分かります。

宅配ボックスで受け取れないもの

宅配ボックスがあれば全ての郵便物を受け取れるわけではありません。

書き留めに関するものや簡易記録などは宅配ボックスへの投函は禁止されています。
また代引きの商品や着払い品、冷凍品も入れられません。

食品に関しては、生鮮食品だと分かるものは基本的に入れません。
加工品であっても冷蔵品などは何時間も屋外に置く事になっては危険です。

電化製品なども故障などのトラブル防止として宅配ボックスは使わない方が無難でしょう。
明らかに高価な貴重品に関しても紛失等のトラブルを避け、本人受け取りが安心です。

このように宅配ボックスとはいえいくつかの例外があります。
受け取る側としてもどんな荷物なら不在時に宅配ボックスに届けてもらうかを考えておくといいでしょう。


TOPへ戻る